新着記事一覧へ

活動報告

羽曳野市が抱えている問題点

事業名
2016年度 羽曳野市が抱えている問題点  ~待機児童について学ぶ~
実施日時(西暦)
2016年6月23日(木曜日)受付18時30分 開会19時00分   閉会21時30分
事業目的
本年度の待機児童は昨年に比べ増加傾向にあります。現在、全国的に見て待機児童が問題視されていますが、羽曳野市において待機児童が何故、発生するのか、そのような状態が何故、起こるのかを知り、羽曳野市が抱える問題の一つを学ぶことにより、よりよい街になるきっかけになることを目的とします。
実施場所・会場
LICはびきの 大会議室2F
内容
日本は世界でも例を見ない人口減少社会を迎える中で、定住人口を増加させるためには働く世代のより良い環境づくりが必須ある。羽曳野市においては本年度69名もの待機児童が発生しており、共働きや母子世帯が増加する中で羽曳野市が抱える問題は大きいと感じている。そこで、はびきの応援委員会が現状調査、実態把握、解決策を考えることで、より魅力ある羽曳野市の実現を図る。一般社団法人羽曳野青年会議所は羽曳野市にある幼稚園、保育園の現状調査おこない、その調査結果をはびきの応援委員会で発表・説明するものとします。説明後は、LOMメンバーでディスカッションをおこない、問題を提起し討論する。
外部協力者・協力種別
羽曳野市教育委員会、市立保育園、市立幼稚園

2016年度 羽曳野市が抱えている問題点
~待機児童について学ぶ~

投稿日:07,03,2016

カテゴリー: