羽曳野青年会議所とは

理事長所信

第46代 理事長 笹井 嘉人

2017年 スローガン


「さらに一歩!」
~踏み出そう!拡大・成長・継続!!~

『はじめに』

一般社団法人羽曳野青年会議所は、1970年に誕生して以来「明るい豊かなまちづくり」を目指し活動してまいりました。一昨年に45周年を迎え今後50周年、60周年を目指していくために変わることなく引き継いでいくこと、状況に応じて変えていくべきことをもう一度見つめなおし、時代とともに変革していかなければなりません。地域のオピニオンリーダーであるという自覚を持ち、先輩諸姉諸兄が築いてこられた継続事業、会員拡大や青少年育成事業など、青年会議所の三信条である「奉仕・修練・友情」を胸に、地域に根付く笑顔あふれるまちづくりに貢献していく所存であります。

本年度は「さらに一歩!」~踏み出そう!拡大・成長・継続!!~のスローガンを掲げ、より地域に必要とされる組織を目指します。そのためにメンバー一人ひとりが英知と勇気と情熱を持ってさらに一歩踏み出し、会員の拡大と各々の成長を実現して、次代へと継続していきます。私は一般社団法人羽曳野青年会議所の第47代理事長として、46名の偉大な歴代理事長が築いてこられた、出会いと絆を大切にする想いのこもったバトンをしっかりと継承して活動してまいります。

 

『拡大』

現在、一般社団法人羽曳野青年会議所に○名の志を同じうする仲間がいます。これまでの歴史を振り返ると会員数は年々減少傾向にあることも事実です。このまま減少が続いてしまうことになれば、メンバー同士が切磋琢磨し、共に成長する機会も減ってしまいます。そこで本年度、会員拡大を最重要課題として、一年間を通じて講師例会など多くのオブザーバーが参加できる内容の例会をおこなうことや、定期的な異業種交流会などを開催してまいります。またホームページの更新やSNSへの投稿を充実させ、入会呼びかけのパンフレットの作成など広報活動にも力を入れていきます。

JAYCEEとして品格のある個性あふれる青年を、より多くメンバーとして迎え入れることで切磋琢磨し、会員拡大の新たな手法や新しい形の事業展開などが生まれ、メンバー全員のスキルアップにも繋がります。またより深い絆をつくるきっかけを増やすべく、メンバー一丸となって会員拡大運動に取り組み、活動してまいります。

 

『成長』

昨年、多くの新たなメンバーを迎え入れ、過半数が入会3年未満のメンバーとなる本年度は、来る50周年に向けて一度基本に立ち返り、毎月の委員会や理事会、例会、継続事業など青年会議所の基礎となる活動に重点を置き活動していきます。これまでを継承しつつ、かつ今まで同じように取り組んでいた姿勢を見つめなおしたうえで、新たなものにチャレンジしていく姿勢も大切です。原点に立ち、そこから行動していくなかで応用、変化への対応も可能となります。まずは足元から、委員会内容の充実、会議での活発な意見交換、引き締まった例会、これらすべてが青年会議所としての礎となります。原点となる活動ができて初めて、新たなチャレンジができます。まずは足元をしっかりと固め、新たなものにチャレンジしていきましょう。

 

『絆』

これからの羽曳野市の5年後、10年後と、明るい未来を築き上げていくのは今の子ども達です。私は、羽曳野市の未来を担う子ども達の健やかな成長を願い青少年育成事業を展開する所存であります。そこで出会う友だちや大人とのコミュニケーションの取り方を経験していただき、仲間と絆を大切にする想いを感じていただくことを目的とします。そしてメンバー自身も子ども達と同じ時間を共有することで、しっかりと子ども達と向き合い、子どもを預かる大人としての責任、JAYCEEとしての自覚を考え、自分自身の成長へのきっかけとなると考えます。

また「明るい豊かなまちづくり」の理念を全うするために、まずはLOMでの委員会、理事会、例会、事業をしっかりと責任と自覚を持って議論を重ね企画、実施をします。そして日本青年会議所をはじめ、大阪ブロック協議会での事業にも積極的に参加することで、いかなる青年会議所の運動も同志たちの手で作りあげていくものだと深く理解できると考えます。羽曳野から一歩出ることによってできる活動での学び、そして気付いたことをLOMに持ち帰り、メンバー一人ひとりが各々の視点での考え方を議論し合うことこそが、一番の成長への過程だと考えます。メンバーが一丸となって修練を積み、時にはぶつかり、励まし合うことで本当の友情が芽生え、健やかな成長につながっていくと考えています。その成長が一般社団法人羽曳野青年会議所の強化につながり、地域により必要とされる組織になると確信しております。

 

『継続』

一般社団法人羽曳野青年会議所には「愛の鈴推進運動」「わんぱく相撲はびきの場所」などの継続事業があります。これらの事業は私自身とても大切に想っており、これからも継続していくべき事業だと考えております。市民の方たちに対し、一般社団法人羽曳野青年会議所の活動に対する理解を得る機会であると同時に、絶好のPRの場でもあります。ただ同じことを繰り返すだけではなく、自分たちの住む地域のことをしっかりと考え、次代を担う子どもたちの成長や、笑顔あふれるまちづくりのため進化を遂げながら継続していくべきだと考えます。そして、これからも地域が笑顔になり、発展へとつながる事業を継続していくことの大切さをメンバーに伝え続けてまいります。

 

『最後に』

私は一般社団法人羽曳野青年会議所に入会してから、数多くの人と出会い、触れ合ってきました。入会したからこそ多くのことを経験でき、成長できていると確信しております。日々のJC活動そのものがすべて成長につながるものだと考え、家族やメンバーへの感謝の気持ちを忘れずに、「明るい豊かなまちづくり」を目指し、未来へ「さらに一歩!」踏み出し、邁進してまいります。

最後になりますが、羽曳野市をはじめとする行政、各種団体関係各位の皆様、そして私たちが敬愛する先輩諸姉諸兄のより一層のご理解、ご協力を賜りますよう心よりお願い申し上げます。